切れ毛によいシャンプー

切れ毛を改善するには普段のシャンプーにも気を使わなくてはいけないようです。
切れ毛のようなダメージヘアにいいのはアミノ酸シャンプーのようです。

単純に切れ毛にはアミノ酸シャンプーが良いと言われても、何が良い点なのかわかりませんよね。
まずは市販のシャンプーの多くは石油系シャンプーです。石油系シャンプーの特徴は強い洗浄力と泡立ちです。おまけ値段も手頃だという点です。ただ、洗浄力が強いため、汚れといっしょに髪に必要な皮脂も落してしまい、髪を乾燥させてしまうため、切れ毛ができやすくなります。キューティクルにダメージを与えてしまうし、刺激が強いので頭皮にも少なからず影響を与えてしまうようです。

 

アミノ酸シャンプーの特徴は低刺激です。髪の汚れだけを洗い落とすので、髪に必要な皮脂を落としてしまうことはありません。もちろん、刺激が少ないので頭皮にも優しく乾燥などを防いでくれます。ただ、アミノ酸シャンプーは原料が高いため、値段が高いのがデメリットです。とはいえ、髪のダメージを防ぐには最適なシャンプーなんです。

アミノ酸は髪の成分に近いのでダメージを与えることもないのです。

ただし、アミノ酸シャンプーなら、どれでもいいかというとそういうものでもないようです。
というのは、切れ毛防止には髪の補修効果の高いシャンプーが最適だからです。

髪のキューティクルを修復することで髪に必要な水分や栄養が髪の内部からもれないようにすることで、髪にハリやコシがでてきます。それで髪が健康的になり強くなり、その結果髪が切れにくくなるんです。

なので単に髪をシリコンなどでコーティングするだけでは、ダメージで傷んだ髪を健康にしていく効果はないんです。

 

というわけでキューティクルの修復にはCMC(細胞膜複合体)という成分が、髪にハリやコシを出していくにはPPT(ポリペプチド)という成分が必要なので、そういった成分が配合されているシャンプーやトリートメントを選ぶことで切れ毛の予防につながるのです。

切れ毛 シャンプー

切れ毛と食生活の改善

切れ毛のない髪になるには、いろいろな要素があります。

そこで、できるだけ日常生活の中でできる切れ毛改善の方法を調べてみました。

ポイントは、髪の内部を改善することなんですが、そのためにはホルモンのバランスを整えることが大事です。で、具体的にはどうするかというと、髪に栄養のあるものを体内に摂取することなんです。

そのための一つとして、食生活を見直してみることです。栄養は偏るのではなく、バランス良く摂取しましょう。海藻類がきれいな髪になると聞けば、海藻類ばかりを食べるというのではなく、全体的にバランス良く、摂取するようにします。

髪にいいとされる栄養をひとつだけ摂るのではなく、いろいろなものを摂ることで、それぞれの相乗効果も高まるのです。

それと食事は、できるだけ規則正しい時間に摂取するよう心がけることも大事です。

切れ毛に良いと言われる食べ物としては、タンパク質です。動物性、植物性タンパク質ともに髪の主成分です。ダイエットなどでタンパク質が欠乏すると、髪への栄養分が不足しがちになり、結果、乾燥したりして切れ毛が増えてしまうわけです。

植物性タンパク質の代表的なものは、豆腐、納豆などの大豆類です。また、動物性タンパク質は肉類、魚類が代表的です。髪にいい栄養素だけど、普段なかなか摂れないのが亜鉛です。亜鉛は切れ毛予防だけじゃなく、髪の成長促進の働きもあります。

また、ビタミンBも大切です。ちなみに、亜鉛を含む食べ物はビタミンBも含んでいる場合が多いのです。

 

うなぎ、レバー、ホタテ、牡蠣、アーモンドなどです。それといちばん大切なのは、ビタミンをしっかりと摂ることです。タンパク質だけを摂取してもビタミン不足では、意味がありません。

 

やはり、緑黄色野菜や魚介類を中心にビタミンをしっかりと摂りましょう。このように食事で栄養バランスを整えることで女性ホルモンのバランスもよくなり、髪の成長に効果が高まると言われています。

 

切れ毛のシャンプーを使うのと一緒に日常生活の改善も心がけることが切れ毛の予防になりますよ。

切れ毛にならないためには

枝毛、切れ毛がひどい場合って、本当に嫌ですよね。とくに髪が長いと大変ですし、髪がそれほど長くなくても、やっぱり切れ毛や枝毛が目立つのは、恥ずかしいですよね。

体躯としてはやっぱり毎日シャンプーをする方がいいのかなってことです。あと、切れ毛や枝毛に効果的なトリートメントの仕方とかもあるのかなって、いろいろと気になることがあると思います。

そんなわけで知り合いの美容師さんに教えてもらいました。

 

使っているシャンプーやトリートメントについても気になりますし。
でも、髪の毛の洗い方を変えるだけでも違うって聞いたことがあります。

人によっては石鹸シャンプーとか切れ毛専用のコンディショナーを使いだしてから、髪質が柔らかくなったり、髪にツヤが出てきたなんて話も聞きます。

ドラッグストアとかで買えるような合成シャンプーとかリンスには、髪にしっとり感を与えるための保湿成分として界面活性剤が配合されていたりするものがあります。

けど、これって意外と髪や頭皮に負担を与えてしまうケースが多いんだそうです。
でも、その点、石鹸シャンプーとかだと髪や頭皮に残らないんですって。
だから、継続して使っていると髪に健康なツヤが生まれてくるそうですよ。

 

ただ、石鹸シャンプーを使い、数週間くらいは、髪がきしむんだそうです。というのは、髪の内部に入り込んでいる成分が、外に排出されるからだそうです。
これを我慢できるかどうかが、案外とカギになるとかって聞いたことがあります。

髪がきしむのが嫌で、やめる人も多いそうですからね。

ちなみに、シャンプーは、毎日しない方がいいみたいですね。髪って、洗い過ぎるとかえって傷んでしまうんです。

また、ときどき流さないタイプのトリートメントを使うのもいいとか。

トリートメントをしたあとは、蒸しタオルで巻くといいみたいです。
湯船に浸かり、ぼーっとしたりして、時間を使ってみるのもいいんだそうですよ。で、頃合いをみて、洗い流す場合は、ぬるぬるしなくなるまでしっかりとすすぎましょうってことです。

乾かすときは、はじめはタオルドライです。それも毛先をごしごし拭いてはダメです。包み込むようにです。

で、その後ドライヤーで乾かします。ドライヤーは温風で髪の根本から乾かしていくのがいいんだそうです。あまり、毛先に風を当てないようにするのがポイントだそうですよ。

切れ毛防止のヘアケア

切れ毛って、要するに髪が。
で、髪のダメージケアっていうか、ヘアケアの仕方でも、髪にいい方法というのがあるので、ちょっと。

髪にダメージをできるだけ与えないヘアケアというのは、まず、ブラシはのお風呂上りとかの濡れているときではなく、乾き際にすることだそうです。
あと、ドライヤーをかける際には、10㎝以上は離して。とくに髪が乾き際には、ドライヤーの熱が上がりすぎないように冷風にしておくといいそうです。

髪にいいのは、やはりスタイリング剤とか洗い流さなくて済むトリートメントを使うなどがいいそうです。

もちろん、紫外線も髪によくありません。
太陽光って、メラニンを分解して、髪の色を変色させてしまいます。

特に水気があると、この反応が、進行しやすいんです。なので、真夏の強い日差しのもとで海やプールとかで濡れた髪で直射日光を浴びると、髪の表面や毛先が、色抜けし。

友達で、美容師さんがいるんですが、カットとかで切れ毛になったりすることもあるとか。
考えられるのは、セニングシザー(梳きバサミのことですって)で髪を梳いていくと、ちゃんと切りきれなかった、切れ毛になることもあるとか。。。いやですよね

あと、シザーの状態によっても、髪にダメージを与えてしまうこともあるんだって。
シザーは、毎日何十、何百回と開閉を繰り返し、使うものだから、当然刃が磨耗していくから、手入れが必要になるって。

切れ味がよくないシザーを使っている美容師により、髪を傷つけらえてしまうこともあるんだそうです。

驚きました。

切れ毛の原因を調べました。

私は、26歳の独身OLです。仕事は事務系です。ところで、最近の私の悩みは、切れ毛です。とにかく、髪の毛先が、すぐにプツンと切れてしまいます。

なので、頭のてっぺん辺りで髪がツンツンと飛び出してしまうんです。気になるとすぐに抜いたりしていますが、それもなかなかうまく抜けません。とにかく、そんな切れ毛を見つけるとすっごくテンションがさがりまくります。

以前は、いわゆる切れ毛になるようなことはありませんでした。切れ毛ってなにが原因で起こるのか、すっごく気になって自分で調べてみました。

髪が健康な場合と切れやすくなっているときって、髪がどう変化しているのかって、気になってしまいます。

髪質とかも関係あるのかな?
ほかにも普段のヘアケアの仕方、シャンプー、トリートメント、ドライヤーのあて方などに問題があるのか、わからなかったので。

髪の毛で切れやすくなっている髪は、女性ホルモンのバランスが崩れたり、ダイエットのしすぎとかで栄養が偏ったりしている髪の内部の密度がスカスカになってしまうんだそうです。

髪に栄養が行き届かずに、健康が阻害されている状態が続くと、髪は突然プツっと切れやすくなるのだそうです。

髪へのダメージがあるところに対し、耐える力が落ちてしまうとあるとき限界を超えてしまい、髪が切れてしまうというわけです。

 

切れ毛は髪の毛先でよく起こるものなので、頭頂部などでツンと毛が尖ってしまっているように見えるのも、切れ毛の影響からなんですって。

切れ毛がなんで起きるかって言うと、パーマとか髪を染めたりとか、あとドライヤーの熱とかも影響あるみたいです。コテやアイロンなんかももちろんですけど。

他にもシャンプーやトリートメントの仕方が雑だったり、髪への栄養が不足していたり、紫外線とかも髪へのダメージの元になるんだそうです。

それに、やっぱり髪質も切れ毛になりやすいっていうのはあるみたいです。
傷みやすい髪質っていうのは、あるようですよ。

というのは、単純にクセ毛と直毛とを比べたら、クセ毛の方が傷みやすいそうです。クセ毛って髪が細く、多くさらにくねくねしているから、保湿しにくいそうで、乾燥しやすいんだそうです。
もちろん、太い毛質、細い毛質っていうのだと細い方がデリケードで傷みやすいし。。。、
他にもロングヘアだと、切れ毛になりやすいそうです。定期的に美容室でカットしてもらった方がいいようです。

結構私に当てはまることがあり、少なからずショックを受けています(T_T)

どうにか改善していきたいです。